>  > 彼女と別れてソープ三昧。

彼女と別れてソープ三昧。

「あなたとはもうやっていけない」。街中でいきなり叫んだ彼女。僕は驚いて彼女の方を向いたのですが、見えたのは彼女の後姿だけでした。突然の別れということもあり、彼女が何に怒っていたのかもまったくわかりません。「これだから女ってわからないんだよなぁ」と思った僕は、その後彼女に連絡することもなく、自然消滅しました。そして、現在はソープにハマっています。彼女がいる時は、こういった店も全く使わないようにしているので、次の彼女できるまで使って行こうと思ったのです。その日使ったのは、ぽっちゃりが集まっている店でした。ソープってそれぞれテーマを持っていて、その店では身体の大きな子が集まっているのです。もちろんそうでない子もいると思いますけどね。僕が使った子は、僕よりも身長が小さいですが、体重は僕と同じくらいありました。肉付きが良いボディを擦りつけてきて、僕の身体を官能的に癒してくれましたよ。これはハマりそうです。

[ 2015-12-20 ]

カテゴリ: ソープ体験談